私の仕事は建築家です。特に住まいを多くお手伝いしています。そんな私の今までの建築
家としての経験や失敗をとおして家づくりに対する思いを少しだけお話します。
「家」はその中で時間とともにあるという確信が生まれました。
それは、「家」とは家族を守る”傘”であること。「家」は家族のドラマが展開する舞台でもある
ということ。そして、家族をないがしろにしてはいい家は建たないのです。
まさに、家を建てるということは一生に一度の家族を根本から考えなおすチャンスなのです。

私の家つくりは、住む人が主役です。年間30軒ほどしかお手伝いできませんが、どの家にも
個性があります。
家は人と同じで一軒一軒違います。住む家族が違う以上その家もまた違って当然
ではないでしょうか。私は洋服の仕立て屋のように家族に合った家をつくります。



1943年愛知県に生まれる。日本大学理工学部経営工学建築科を卒業。
大阪万博で「生活産業館」のプロデュースを始め、建築家集団「日本住改善委員会」を組織し、生活に密着した住まいづくりや、リフォームまでを手がける。「住まいと建築の健康と安全を考える会」を発足、テレビや講演、新聞、雑誌など広く活動している。
通産省産業構造審議委員会
厚生労働省、大規模災害救助研究会委員などを歴任するなどその活動は幅広い。
アトリエ4A(http://www.a4a.co.jp/)代表。


1943年、愛知県岡崎市康生町に生まれる
1963年〜日本大学在学中に東京大学生田教授の下研究室にて、
学生所員として学ぶ。
1963年大分県臼杵市において処世作「酒樽の家(小手川邸)」を、
岸崎隆生氏と設計。
1966年日本大学理工学部・経営工学建築科を卒業。
1967年一級建築士事務所アトリエ4A設立。
クボタGコラム万国博設計競技において、最優秀賞受賞。
下記はその受賞作。近代農業館
大阪万国博にて、「生活産業館」浜口隆一プロデューサー補佐として、
全体計画に携わる。
左は、大阪万国博古川舘構想図 右は大建工業ブース
同館出展大建工業、内田洋行、YKK吉田工業、田中金属工業など
ブースデザイン及び、回転劇場をプロデュースする。
愛知県豊田氏市に「エンジニアの家」(弘津邸)を設計。
 
右は弘津邸の写真
建築家集団、「日本住改善委員会」を組織。
1974年には、住改善活動を開始。
1983年及び1986年と通産省産業構造審議会住宅専門委員を務める。
1984年に厚生省「住まいと福祉の研究会」の発起委員。
後に、福祉施設検討委員会に発展した。
石岡ゆうゆう、しらさぎの里他、ライフモア保土ヶ谷等の老人保健施設も多数手がける。

袋井市市民病院や、土浦病院はじめ多くの病院診療所も手がける。

1984年からは、住まい文化キャンペーン推進委員会企画委員
1998年「住まいと建築の健康を考える会」を結成、健康住宅を広める。
2000年第6回リフォーム&リニューアル展実行委員長、ユニバーサルデザイン
をプロデュース。
2000年厚生省(現厚生労働省)大規模災害救助研究会委員
2001年から第9回リフォーム&リニューアル展組織委員会副委員長
朝日新聞asahi.com(住まい)にて「天野彰いい家・いい家族」コラム 連載中
2004年4月から NHK教育・今夜もあなたのパートナー『もっと知りたい!暮らしのQ&A』に出演
2004/6/23〜第10回リフォーム&リニューアル&コンバージョン展組織委員会副会長
2005/2/20 TBSテレビ『夢の扉』に出演
2005/6/15〜第11回リフォーム&リニューアル&コンバージョン展組織委員会副会長
四国電力 よんでん リフォームスタジアムにて「住宅リフォームの知恵袋」 連載
2005/8/10 文化放送『ラジオグラフィティ』に出演                 
2006/6/10 フジテレビ『週刊フジテレビ批評』に出演
2006/6/14〜 第12回建築リフォーム&リニューアル展 組織副委員長
          第 5回設計アイデアコンテスト 審査副委員長   
2006/7/21 NHK総合『新トーキョー人の選択』に出演
2006/11/11 NHK総合
『家計診断 おすすめ悠々ライフ』に出演
2007年3月  『緑の循環』認証会議 アトリエ4A登録
2007/6/4〜8  TOKYO FM 『Tapestry』に出演
2007/6/13〜 第13回建築リフォーム&リニューアル展 組織副委員長
          第 6回設計アイデアコンテスト 審査副委員長
2007/6/18  フジテレビ系『とくダネ!』内「特捜部(熟年夫婦の家づくり)」に出演
2007/7/14  NHK総合テレビ
『家計診断 おすすめ悠々ライフ』「二世帯住宅どう作る?」 に出演
2007/11/6 ラジオ日本AM1422kHz『ラジオわたしの物語』に出演
2008/03/21 NHK総合テレビ
『新トーキョー人の選択』「子育て だれに頼る?」に出演

現在      2007〜8年度日本建築仕上学会副会長
         建築リフォーム&リニューアル展組織委員会副委員長


Chairman of Atelier 4A

Akira Amano
Biography


1943
Akira Amano was born in Okazaki, Aichi prefecture in Japan.

1963-68
While he was attending at Nihon University, he has been learning Architecture as student personnel at laboratory of Tsutomu Ikuta Tokyo University.

1963
Designed his very first work called: House of traditional Sake barrel (Mr Kotegawa Residence) with Mr. Takao Kishizaki. He used materials from Sake barrel.

1964
Penny-less journey around Soviet Union (now Russia Republic), Europe, and Middle East.

1966
Graduated from Institute of technology and Architecture and management Engineering at Nihon University.

1967
Established Joint-stock company The Atelier 4A: Architecture office with support of Professor Tsutomu Ikuta.

1968
Received an excellent work prize at Kubota G Colum International exposition design competition.

1970
As an assistant of producer Ryuichi Hamaguchi, planned and helped “Life industry Pavilion” at Osaka International Exposition.

 Also designed booth and produced “carousel movie theater” with DAIKEN Industry, Youko Uchida, and YKK Yoshida Industry, Metal Industry and so on.

1970
Designed “The House of engineer” (Mr. Hirotsu Residence) at Toyota, Aichi prefecture.

1970-
Participated to project that is to develop tourism in Oku-Biwako, and industrial modernization of Funabashi station.

 

Miso and Soy sauce factories

                     

He mainly designed a lot of brewing factory such as miso (pasted salty soy, for miso soup!) and soy sauce companies from 1971; Fundo-kin soy sauce and miso factory, Okazaki Marusan miso factory, Ooita soy sauce factory, Ooita miso factory, and Sendai miso factory.  Supervising and designed all these factories.

1974
He established “professional architect forces“ as known as “Housing improvement committee” created first move “Re-form= improving houses”.

 

Explore to Hospital and Retirement home design

 

1975
Participated in competition of Fukui municipal hospital, and then Horie hospital, Kodama hospital, and Kimura Clinic. Ochiai hospital of obstetrics and gynecology, Tomoda internal medicine hospital, and Touyama dental hospital and a lot more.

1983
Ministry of international trade and industrial structure council housing special committee.

1984
A promotion committee of the “Study group for housing and welfare” in the Ministry of health and welfare. It developed to an official welfare examination committee.

1984-
Housing culture campaign promotion committee.

2000-
Ministry of health, labor and welfare large-scale disaster rescue study    group special committee.

2000-
Executive committee chairperson of 6th Architecture re-form (improvement) & re-newel exhibition. 7th to 13rd.

 

                                                   And now….

 

Akira Amano is on TV, newspapers, and lecture, and he wrote so many books about how housing, Medical institution, and Retirement home should be designed? And which design should be suitable for brewing factories to take care of something “Alive”?

 

     Minister of Construction registered him as a principle architect No. 65154.

     Representative director of Atelier 4A.

     Representative director of Japan research operations (O-R)

     Chairperson of Japan house improvement committee

     Representative director of study group to think about architecture and health/life
   and safety.

     A vice president of Multi-media living promotion conference.

    A vicepresident of Japan architecture finishing society 2007-2008.

     A vice president of organization of Architecture re-form & re-newel exhibition.